スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流れ」はある?

 しかしあれだな。「流れ」があるかないかの論議ってのはアチコチでやられてるんだな。別にどっちでも良いんじゃないかな~。それで結果が残せてるんなら。そもそも『流れ派』『デジタル派』の定義って何なんだろう?『デジタル派=牌効率打法』で、『流れ派』は「対子場」とか「ツモれない流れ」とか言い出したらそうなる・・・で良いの?(『牌流定石』て何処いったんだろう?)

 
 オーラス 4巡目 親 10000点差のアガリトップ。ドラなし。
 ドラ 字牌 (2着目は1000点の首切れ、3着とは3万点以上の開き)
二索三索三索四索四索五索赤八索八索二筒三筒三筒五筒七筒 ツモ 二索 

 これって「デジタル派」と「流れ派」で切る牌って変わるのかな?ちなみに私はノータイム…いや、違うな、3秒ほどで打五索赤 にしました。
 

 最初の定義だと、私は「デジタル派」にも「流れ派」にもあてはまってしまうんだが・・・。
 基本的には「牌効率」を重視するが、「立直してもツモれる気がしない」という時もある。逆に「聴牌効率」を最重視しないからデジタルにも当てはまらないし、「流れ」なんて目に見えないものを頼りにするなんてのも論外。これって『俺流』『我流』てことで良いのか?
CASE1
一筒二筒三筒七筒八筒二索三索三索四索四索五索七索八索 ツモ 二筒
CASE2
二筒二筒三筒六筒六筒七筒八筒二索三索四索五索六索七索 ツモ 七索
 デジ派はCASE1 打二筒 で、CASE2 打三筒 で良いんだよね(違ってたら教えて!!)。

 全然間違ってないと思うけど、私は違う牌を切るんです。
まあCASE1は意外と浸透しつつあるからさておき、CASE2についてちょっと検討してみましょう。
場況を全くかんがみない場合なら、打 六筒七索三筒 が正解です。
 この論法は「聴牌効率」より「立直効率」を考えた場合、こういう結果を導き出すことが出来るんです。では実際に下記で検証してみましょう。

<CASE2 検証>
二筒二筒三筒六筒六筒七筒八筒二索三索四索五索六索七索 ツモ 七索
三筒
・聴牌効率:14種45牌(2456789筒1456789索)
立直効率: 7種20牌(2567筒678索)
七索
・聴牌効率: 9種29牌(123456789筒)
立直効率: 7種23牌(1245679筒)
六筒
・聴牌効率:12種40牌(12345筒1456789索)
立直効率: 9種29牌(1234筒14678索)

 
ちなみに和了度数で言えば六筒三筒七索 のような気がする。3筒きりには変則3面・4面待ちがあるからね(反面、1・3・4筒の11枚待ちがなくなりはする)。
 以前にも述べたことあるが、「聴牌効率打法」はあまりにも不完全で実戦向きじゃない。麻雀てもんは、和了ることが目的であって聴牌することが目的じゃないんだ。このケースでは3筒切りでも安定度はまだ高い方だが、そうじゃないケースは山ほどある。但し、終盤間近の場合は別で、聴牌効率が重視されます。
 「嵌5筒・嵌6索でも堂々と立直するんだ!!」て方はかまいません。そういう奴は嫌いじゃないし。「棒聴即リー全ツッパ」は、面子によってはかなり有効的です。守備型中級レベルなんかにゃかなりショックを与えれます(CASE2で、2・6筒シャンポン立直なんかで降ろされた日にゃ・・・)。

 
 最初のテーマ『流れの有無』について。それはどちらを支持するにせよ、悪魔の証明に他なりません。私見として述べるなら「ない!」。でも「宇宙人は存在しない」ことを証明することが出来ないのと一緒で、それを明らかにする方法は見当たりません。しかし確率論が存在することは疑いようがない。『確率論の存在=流れ論の不存在』が認められない限り、議論は平行線のままでしょう。だからといって「聴牌効率打法」を支持するものでもございません。




←ポチっとな→







 


スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

流れ?

 私は麻雀とは相対的なゲームだと思っている。つまり相手や場況によって打ち方が変わってしまうものと考えている訳だ。
 「ノーマーク爆牌党」(著:片山まさゆき氏)の登場者である茶柱立樹は、絶対的打法こそが最良といった立場をとっていた。片山まさゆき氏と言えば麻雀漫画業界ではかなりの成功者の一人といえるだろうし、麻雀業界そのものでの貢献度も高い。現在でも『おバカミーコ』は、近代麻雀誌上で最人気との評価もあり、その内容も初級者から上級者まで楽しめるものとなっているだろう。

 私が思うに、氏は流れ論者だろう。それは過去の作品からも推察されるし、現在連載中の主人公である波溜も、デジタルだとは言いがたい。氏の作品は過去から現在に至るまでそのほとんどが「デジタル雀士VSそれ以外の雀士」との戦いで、最終的に前者が勝利に終わることはない。前作『牌賊オカルティ』の登場人物 梨積港(生粋のデジタル雀士)でさえも、最終的にはオカルトの存在を認める発言をしている。
 梨積「宇宙の理が私の味方」とまで言っていたのが「この世の中には理よりも強い間違いがあるのかもしれないな…」と変わってしまったのだ。
 『ノーマーク爆牌党』の主人公 鉄壁保は、それとなくではるが「ダンゴ現象」と言う言葉で、麻雀における「流れ」の存在を論理的に説明しようとしている。

  


 勝負事に流れはあるのかもしれないし、ないのかもしれない。


 昨日はとんでもない一日だった。まあ麻雀なんだから、こういう日もあるんだろう。何をやっても裏目るし、勝負手はアガれない。

※CASE1
 南1局 配牌 親 24000点持ち 花なし 
 ドラ花牌
五索六索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒中中
もう万全どころではない。まかり間違っても聴牌はすぐにするだろう。で2順目・・・
五索六索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒中中 ツモ二筒
いったい何が正解なんだろうな。中 二筒 八索 どれを選んでも間違いじゃないでしょう?これってもうその人の好みだと思うんだが…
 私が選んだのは打8索。とりあえず聴牌は取ったがすぐに中が場に打たれた。「いくら何でも・・・」と思ってしまい見逃す。で次巡ツモ4索…。もう切るしかない。で次のツモは当たり前のように9索。んでその巡目にまたまた場に中が打たれる。
私「・・・ロ・・ロン・・・」
 一体何がしたいんだろうと、自分でも呆れてしまった。これはまかり間違っても自分の雀風ではない。何も決めずに聴牌を取り、たまたま出た牌で和了っただけ。4順目にダマの2000点。。。
 
 一貫性がない!勝てる訳がない!!
 そもそも、こう精神的に揺さぶられてしまうまでの過程があるわけで…

※CASE2
 東3局 7巡目くらいで立直 子 花2枚
 ドラ 中  
一索二索三索四索五索六索七索一筒二筒三筒中中中
 →初心者さんのフリテンロン→チョンボで罰符のみの収入

※CASE3
 東2局 親立直
二筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒赤五筒赤三索四索五索赤六索七索
 →初心者さんの3副露 4000点の間5筒に負け(最後のポンは立直後ね…て言うかポンしなくね?対子落しで回んのが普通じゃね?全ツッパって・・・ナメてんの?

※CASE4
 親9巡目 花2枚 ドラ5筒 ダマ聴
 (ちょっと捨牌が派手だし、初心者さんは聴牌に気付いてない。)
 (もう一人の奴は気付いてる様子。)
一筒一筒三筒四筒五筒赤六筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒九筒
 →初心者さんに打2・3・4・5・7筒と通されて、私が対々の満貫に放銃。

※CASE5
一筒二筒三筒四筒五筒五筒赤六筒七筒八筒一索二索三索四索 ツモ四索 打五筒
 →初心者さんに放銃。(この時の初心者の捨牌に2・8筒あり。手出しの8筒切りだったんだが、切るのに1分くらいかかる。ちなみに普段から遅い。)
 初心者手牌
三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒赤六筒六筒七筒八筒九筒
 山が崩れてから気付いたよ…。2筒のフリ聴にパッと見で分からなかった。
私「さっきの何待ちでした?」
初「忘れたシャンポン待ちだった。」
「・・・」

 それ以外にもオーラス2着と27000点差の60000点くらい持ちトップ目。どんな形か忘れたけど役無し両面でドラ4立直。跳満打っても大丈夫とか思ってたら2着目が追っかけ立直。その宣言牌(中)をなんと初心者が「一発消しのカン!!」回ってきた牌は2筒は・・・。
 もう分かるよな。いや、想像より一つ上かも。結果はミラクルダブロン+裏チップ2枚。二人立直に面前崩して大明カンて・・・(ネタみたいな本当の話)

 ほかにもイラッとさせられることはチョクチョクあった訳だが、ほんの数時間の間でこう何度も理不尽な事が起きれば精神的にも滅入る。そうすれば冷静な判断も欠いてしまうのは当然の出来事なのかな?

 私は冒頭の2000点をアガった半荘でラストのコールをかける。負けてるからという理由で冷静な判断も出来ないまま惰性で打つことは、麻雀を糧に生きていく者にとっての一番のタブー。


 ある程度麻雀に自信のある人間は、勝っている時は自分の実力だと思ってんじゃないのかな。そもそもデジタルシンキングなんて麻雀の基本。それでも意見の分かれる「何切る?」問題は散見される。そういった問題でも、明らかな不正答をしない限り、その解答は間違いではないと思うぞ。大切なのは、次にその問題に出会った時に同じ解答が得られるかだ。自分のフォームが決まってれば良いんじゃないかな。流れ云々を語る前に、目の前にある情報を基に正確かつ、自分のスタイルで打ち切ることが重要だと、私は考える。
※CASE6
 7巡目くらい 配原 花1 ドラ三筒
二索二索三索六索七索八索三筒五筒六筒六筒七筒七筒八筒 ツモ 六索 打 三筒
 聴牌効率を考えたら3索切りが正解になるんだろう。でもこんな形なら毎回こう打つんだよ、俺は。こう切ったほうが聴牌形に迷いがないし、立直しやすいし、アガりやすいと思うぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~
初「お兄さん今日はツイてなかったね。そういう流れだったんだよ。」
私「・・・かもしれないですね。。。」
~~~~~~~~~~~~~~~


 「流れ」という言葉は負けた時の言い訳にはちょうど良いな。

 そろそろこの街で住む所でも探そっかな。


 私の人生 悪い流れのまま、一体いつまで続くんだろう。



←ポチっとな→







theme : 麻雀
genre : ギャンブル

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。