スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人打ち麻雀とは。 ~聴牌効率打法の罠~

 およそ麻雀とは日本国内津々浦々、世界レベルで考えたとしても、様々なルールの下で行われている。特に三人打ち麻雀については、どうも日本固有のルールのようだ。
 四人打ち麻雀との大きな違いといえば萬子の二~八が抜かれること。チーがないこと。あと一般的にはドラがたくさんあることではないだろうか。抜きドラが採用されていることが多いので、王牌のドラをめくる場所も違うことも多い。
 関東では萬子の一と九(五萬を抜くこともある)、あと北を抜きドラにするのがメインなのかな?点数も一般的なものと違って、一翻を一点として計算し、一点幾らかのレートでやっていると聞いたことがある。実際にそのルールでやったこともある。
 西日本では萬子は抜きドラにはしないのが主流。北については抜きドラとして扱うかどうかは、半々くらいになるのかな。その代わり北が抜きドラにならない場合、花牌が入ることが多い。あと完先・振聴なしも結構多いと思うが、私は個人的には嫌いなので、アリアリの三人打ちルールを採用している店を主戦場としている。

 両方ともやったことのある人間であれば分かるだろうが、両者は違うゲームと考えて良い。4人打ち麻雀が如何に強かろうとも、3人打ち麻雀が強いとは限らない。むしろ弱いケースが目立つ気がするのは気のせいなのかな?
 そして多くの人がこう考えていると思う。
「三人打ち麻雀は一人にアガリが偏る。」「運が偏る。」「ドラが多くて運の比率が高い。」と・・・。これは私にとっては大いに結構なことだ☆

 これはあくまで私の個人的な見解なので、別に参考にして頂かなくて結構だが、「三人打ちの方が比較的勝ちやすい。」ということ。
 まず第一に「三人打ち麻雀は一人にアガリが偏る。」は当然のことだ。だって3人しかいないんだから。一人が立て続けに3回アガる確率は、理論上三人打ち27分の1、四人打ちで64分の1になる。その出現頻度は三人打ちが2倍以上。偏って見えるのは当然なのです。
 次に留意すべきは、対戦相手が二人だけしか居ないというのもやりやすい。また牌が少ないのも良い傾向。読みがかなり楽になる。
 そして最大の要素は、三人打ちはルールが混沌としていて統一されておらず、そもそも戦術が全く検証されていない。これが私が考える「勝ちやすい」とされる最大の根拠!
 まあ細かいことはまた次の機会に書くとしよう。


 今回は私の独自のセオリーをちょっと例を挙げてみよう。これはデジタル思考(聴牌効率打法)の最大の欠点とも言うべきところです。

  ※CASE1(場況は考えない。ドラは字牌)
二筒三筒三筒四筒七筒七筒八筒二索三索四索五索六索七索 ツモ八索
  これってデジタルに考えれば8筒切りが正解なんですよね。確かに聴牌効率が一番良い。1・2・3・4・5・7筒と1~9索の15種47枚で聴牌になる。
 皆さんもこうやって打つのだろうか?

 私は断然三筒切り!!!

 「聴牌効率打法=デジタル打法」と考えて良いのかどうか知らないが、そもそも「聴牌効率打法」には欠点がある。麻雀は如何に速く聴牌するかを競うものではなく、如何に速く和了れるかを競うゲームです。

 CASE1で仮に8筒を切った場合
二筒三筒三筒四筒七筒七筒二索三索四索五索六索七索八索
です。ここから3筒・2・5・8索を引いた場合、果たして聴牌を取るの?まあ2・5・8索はまだ良い。でも立直は出来ないでしょう。手変わりが6種類あるから。
 これほどの手で、たとえシャンポン待ち黙聴でアガリを拾えたとしても、そんなもの得点と言うよりも失点でしかない
 CASE1で仮に3筒を切った場合
二筒三筒四筒七筒七筒八筒二索三索四索五索六索七索八索
 この形から聴牌すれば、ほとんど立直が打てます。と言うより、8筒ツモは聴牌取りませんが・・・


※比べてみよう!!
立直について
 8筒切 15種47枚(うち4種11枚は即リー不可:77%即リー)  
 3筒切 13種42枚(うち1種 3枚は即リー不可:93%即リー)
聴牌時の3面待ち比率
 8筒切 5種16枚(聴牌時34%)
 3筒切 7種24枚(聴牌時62%)
聴牌時の残りアガリ枚数
         8筒切  3筒切
  11枚待ち  0%   4%  
  10枚待ち 30%  33%
   9枚待ち  4%  19%
   8枚待ち  0%  21%  
   7枚待ち 42%  14%
   4枚待ち 19%   7%
   3枚待ち  4%   0%
 もう何が言いたいか分かりますよね。聴牌効率だけ考えれば8筒切りが有効的だが、アガリへの道筋は3筒切りのほうが上なのです。8枚待ち以上の割合は、3筒切りが実に2倍以上もお得。
 敢えて言うなら巡目が深い、或いは筒子の下にドラがある時は、8筒切りが良いかもしれない。しかしながら普段は、聴牌効率11%ダウンを鑑みても3筒切りの方が優勢です。


 ※CASE2
一筒二筒二筒三筒三筒四筒七筒八筒二索三索四索七索八索 ツモ二索

これは有名どころですね。4索→3索と外して行きまっしょい!!




←ポチっとな。






スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。