スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何切る?

CASE1
 東1局 西家 6巡目 31000点持ち 花2枚
 ドラ  白
一索二索五索六索八索一筒三筒五筒七筒七筒九筒西西 ツモ 白
  ・他家に動きなし(白は初牌)。捨て牌も目立った点なし。
 麻雀が好きなものであれば一度はやるだろう「何切る」問題。よく見かけますよね。正直なところどうでもいいものもあれば、模範解答(解説)に納得のいかないもの(自分のことはさておき)、もしくはマジョリティー回答と異なった答えをすることも多々ある。
 ほとんどの「何切る」問題には共通点がある。それは一向聴・二向聴からの出題であることが多いということ。まあ確かにそうでなかったら、一つの解答を導き出せない(出しづらい)のかもしれないですね。

CASE2
 南1局 親 7巡目 40000点持ち 花1枚
 ドラ 中
二索四索六索七索九索一筒二筒三筒五筒赤八筒九筒南南 ツモ 中
  ・南 中は初牌
  ・南家に索子の仕掛け(1索・白ポン)
ほとんどの局面は一向聴でもなければ二向聴でもない。故にそういう局面でこそ、その場で得た情報を基に、しっかりとした打牌が求められるのではないだろうか。
 ただしこれは理想論でしかない。ある状況下で目に見えた情報を、先入観なく詳細に再現させることなど不可能だ。

CASE3
 南1局 親 4巡目 34000点持ち 花無し
 ドラ 一索
一索一索二索二筒二筒四筒六筒六筒七筒東東白白
  ・東出る(2筒が1枚切れ)。ポン?
 私は「何切る?」に否定的な立場をとるものではない。むしろ肯定派。「意味がない!!」と断ずる者もいるが、それは他人の好みということで。我儘ながらも私見として述べさせてもらえば、何切る否定派の論拠として「情報が少なく正答が存在しない」「答えが幾つもある」といったものが挙げられるようだ。しかしながら、実戦上”情報のない局面”なんて、いっぱいあるんじゃないのかな?(少なくとも私にはよくある)
 与えられた情報の中でどうするか?という自分なりの解答が見出せれば、それで良いと思うんだけど…。

CASE4
 東3局 南家 9巡目 24000点持ち 花1枚
 ドラ 七筒
一索三索五索五索赤六索二筒三筒五筒五筒赤七筒九筒東中 ツモ 東
  ・東 中 初牌。4索が3枚切れ。
  ・河にはちょっと筒子が高い?
   ※CASE1~4は昨日の実戦譜です。巡目は多少アバウト。

 ね、これ見ても「これが正着打!!」なんて存在しないでしょ。
 別に何切ってもいいと思う。でも麻雀の「勝敗の別れ目」てのは、むしろこういう局面にこそあると思うんだ。ありきたりの場況を隙なく打つ…なんて、分かっててもナカナカ出来るもんじゃないけど。

 CASE1・2・4を毎局 全ツッパしてたら勝てないっしょ?逆にオリてばっかりでも勝てないわけよ。CASE3なんてよくある分かれ目。これをその日、その時々のモチベーションやフィーリングによるフラフラ打法なんてのも駄目っしょ。
 その局その局でテーマがあり、前以てどうするかを決めておく。あとは自分のスタイルに沿って打つ。自分のスタイルが確立されていない人は、まずは経験を積み、研究・研鑽を重ねて自己流(他人の模倣でもかまわない)を身につける。そうすることで、それが型にハマりさえすれば大勝できるときがある。

 麻雀で負けてる者よ。
 その多くは「小さく勝って大きく負ける」タイプの人達だよ。


付記
CASE1
 最終形:忘れた
 結果  :既にこの時点で親が黙嵌8索の一通(満貫)で聴牌してた
      とは…。知らず知らずの1→2索と親に合わせ打ち。ドラの
      白じゃなくて、3索とか引いてたら打ち込みだったね。
CASE2
 最終形:二索二索四索五索六索七索九索九索三筒五筒赤南發中
 結果  :嵌8索を南家に引かれる。中が暗刻の混一色で倍満だと
      さ。もこれ、真っ直ぐいってたらアガれてたみたいなんだ。
      でも次に同じような局面に出会っても、匍匐前進しか出来
      ないよね…
CASE3
 最終形:四筒五筒赤五筒六筒六筒七筒一索一索東東 ポン 白白白
      ロン 東
 結果  :このとき東は鳴かない。七対子一向聴・面子無しの状況で
      鳴くなんて論外。次巡に嵌5筒(赤)がズボ→打2索。んで
      最終的に満貫の出アガリ。
      例外として、白發中が二個づつあればポンポコ言う。
CASE4
      一索三索五索五索赤二筒三筒五筒五筒赤七筒九筒東東中 打 六索
                ↓
      三索五索赤五索二筒三筒七筒九筒東東中 ポン 五筒赤五筒五筒
                ↓数巡後
 最終形:五索五索赤二筒三筒四筒七筒九筒東東東 ポン 五筒赤五筒五筒
 結果  :最終的には花2枚赤赤ドラで跳満を聴牌するも親立直が
      掛かり、3筒で満貫の放銃。369筒待ちだった。

←納得できる所もあるって人はポチ→


スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。