スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀暦20年

 よくよく考えてみると、私の麻雀暦もそろそろ20年以上だ。いやはや考えてみれば色々な人と出会ってきたもんだ。
 中三の時点では既に点数計算も完璧にマスターし、同年代にはほぼ負けなし。その当時ゲームサンターではテトリスや脱衣麻雀などが、テレビではモーニング娘や宇多田ヒカルとかがデビュー、一世を風靡していたころだ。BOØWYが引退したのはもうちょっと前くらいだったかな。

 いつのまにか面子の集まりも悪くなり、また友人同士のお金のやりとりに辟易し始めていたので、自ずとフリー雀荘に足が向いたのは至極当然の流れなのかもしれない。それは高校2年生の夏休みのこと。
 コンビニのバイトを終えた私は、一体いくらお金があれば足りるのかも分からず、貰ったばかりの給料袋を携えて、学校からも家からもちょっと離れた雀荘に向かう。その足取りは軽いが、不安8割・期待2割といった感じだったと思う。
 【お一人様歓迎】の看板の前に立ったとき、「やっぱ止めようかな。友達に電話して面子集めようかな…」と尻込みをし、扉の前を行ったり来たり、通り過ぎて店内を伺ったりもしていた。
 一体どれくらいの時間が流れたのだろう。1時間だったのかもしれないし、あるいは10分くらいだったのかもしれない。やっとこさ腹を決め、そぞろ歩きのまま扉の前に立つ。
「どないしんたんや、兄ちゃん。入るんか?」

 この日、初めてフリー雀荘の門を叩く。ギャル雀なんかない頃の、まだまだ麻雀に対しアングラなイメージしかない頃のお話です(今もあんまし変わんないかな?)。

 あれから十余年。未だ麻雀に没頭してるいことを昔の自分は想像だにすべくもなく、まさかそれを糧にしているとは、現在の自分にもそこはかとなく現実味がないとさえ感じる。

 普通の物語や小説なら「当時のことは今でもよく覚えている」とか「これが初のアガリ手だ」とか話が続くんでしょう。舞い上がっていたのか、実のところあんまし覚えていないんです。覚えている事と言えば、声をかけてくれた男が人柄の良い店長であったこと。その店長は本当に気遣いがよく、「この兄ちゃん初めてやから加減したってな。」とほんの数時間で入れ替わるお客さん全員に声を掛けてくれていた。

 今でも場末の雀荘の雰囲気は好きだ。24時間営業のフリー雀荘は確かにいつでも打てて利便性は良いが、なんだか落ち着かないしゲーム代も高い。

メンバー数人並んで:「○○様、いらっしゃいませ~。本日もごゆっくりお楽しみ下さいませ~。」(深々とお辞儀)
なんだかソープランドのご挨拶みたいだ。尻がむず痒い。

 高校を無事に卒業するも大学を中退し、色んなことが重なって関西を離れ、東海地方のとある会社で働くこととなるも直に辞めざるを得なくなる。今の身分は根無し草…

 昔の自分は将来をバラ色に考えていた。サラリーマン金太郎を読んで「三田善吉先生みたいになりたい!」とか、代紋TAKE2を読んで「仲西の兄貴みたいになりたい!」とか馬鹿なことも考えたりもしたが、それでも「こうなりたい!」という人物像があった。

  「奴は…死ぬまで保留する。」
  (アカギVS浦部:アカギの台詞~アカギ単行本より~)

昔の私に響かない。今の私にはかなり痛い(鬱ワードぶっちぎりのNO.1)。


 時間は常に進んでる。私は前に進んでいるんだろうか?止まったままなのだろうか?それとも…。拭いきれない不安をこうやってぶちまけることで、多少でも安らごうとしている(お目汚し申し訳ない(T T))。


 
 
昔の自分よさようなら。今の自分にこんにちは。




←(T T)→


スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。