スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御無礼

 むこうぶち (Amazon検索)て麻雀漫画があるんだけど、皆さんご存知かと思う。現在「近代麻雀」誌上にて「アカギ」と並び、最も長く連載されている作品の一つだ。
 その構成は名作『ゴルゴ13』と似た感を受ける。と言うのも、両作共に主人公がその役割を果たすのみで去って行き、それによって生じる残された人間の、様々な人間模様が描かれている点に共通項を感じる。ある意味で主人公はデューク東郷や傀ではなく、これらの残された人物「敗者の側」であるとも言えるだろう。デューク東郷も傀も、ただ打つ(撃つ)だけなのだ。
 ただし、この本を読んだからといって、決して「麻雀が強くなる」「上手くなる」とかいうようにはならない。むしろ酷い目に会うだろう。その麻雀観は『天牌』同様、もの凄い「流れ論」の中で描かれているが、ストーリー性の高さがそれを補って余りあると言える。

 余談ではあるが、故:安藤満氏の名前が12巻以降、編集者の欄から消えてしまったのがちょっと物悲しい。氏は「鳴き麻雀=邪道」の概念がはびこる中、「亜空間殺法」という名で「鳴き」の重要性を普及させた偉人。最強選優勝の悲願は達成されることはなかったが、癌を推しての名人戦優勝はまだ記憶に新しい。そう言えば、須田氏(「東大を出たけれど」著者)が先達と仰ぐ「ぱちプロ日記」著者、故:田山幸憲氏も癌だったな…。


 【名言集】
「御無礼」
 言わずと知れた名言。雀荘によっては「御無礼禁止」の張り紙も。
 返し文句は「お構いなく」で良い。
「立直です、佐野さん」
 こんなこと言われたらかなりショック。俺なら泣く。
「夜明けまでまだ時間はあります。」
 時間はあってもお金ないです
「ビンタを倍にしませんか。」
 いえ、半分で。もしくは点5で。
「名は?」
 人鬼が初めて対戦相手に名前を聞いたとき。「他人に名前を聞く
 ときは…」とかいうツッ込みは不要。全財産イかれます。
※最近ことさらに喋らなくなったね。その代わり打牌が雄弁。
※ちなみに『ゴルゴ13』ダントツの名言NO.1はコレ
 「お前は原因と結果をはき違えている。俺が居るからテロがあるので
  はない。テロがあるから俺が居るんだ。」





←クリクリ→





    





スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。