スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿吽の呼吸

 彼の名はA太郎、麻雀について言えば、正直なところ「上手い!!」の一言に尽きる。手筋などは明らかに私の上を行くだろう。後ろで見ていて「上手い!!」と思える人間は2ランクは上らしい。「似たようなもんかな?」と感じる人間で1ランク上、「ちょい下手」と思えば同じレベルの打ち手だとか・・・何かの記事で見たことがありますが、まあ詳細や根拠については不明である。

 ※CASE1
A太郎手牌
一索二索三索五索五索六索七索七索三筒四筒七筒八筒九筒 ツモ六索
  ・親の立直一発目の切り番
  ・ドラ4筒
  ・南二局/11巡目
  ・索子はほとんど通りそう。あっても1・4索。
 この日、待ち時間で見ていた時のこと。あまり嬉しくはないが、望外の6索ツモ。この時、親の立直には6筒が通っていたので、私はてっきり3筒を切って聴牌を取るものと思っていました。形は悪いにしても、結構こう打つ人が多いのではないでしょうか?
 A太郎が小考のうえ選んだ牌は、打6索のツモ切り…一盃口も、聴牌をも崩すこの選択、私にとって全くの「思慮外の一打」でした。もう一度見直してみれば「なるほど!」と、納得も得心もできるこの打牌に辿り着ける人間は、一体どれほど居るんだろう。

 この半荘の終了後、私とA太郎は同卓することになる。

 ※CASE2
オーラス/11巡目/私もA太郎も子/ドラ 中
私36000点/A太郎49000点持ち/私の手牌(花2枚所持)
一筒二筒三筒七筒八筒九筒九筒九筒四索五索  ポン中中中横
 
 親の協力もあり、中ドラ5の聴牌。見えてるだけでも跳満確定(中ドラ3・花二枚)。A太郎はといえば、私の中ポン以降どうも守備に徹している様子。一萬九萬の対子落としで四巡しのがれている。彼からしてみれば、ツモられてもプラス終了、打ち込んだら首切れの最低のシナリオが待っている訳だから、当然といえば当然だろう。私の捨牌相は、筒子の染め手に見えなくもないが、A太郎から3・6索がこぼれるとも思えない。

一筒二筒三筒七筒八筒九筒九筒九筒四索五索 ツモ五索赤  ポン中中中横
「ビビビッ」と来た!!赤5索をノータイムでツモ切り。初めからこうすると決めていた訳ではない。もう一枚の赤5索の在り処は分からないが、無意識のうちにこう選択することができた。そして数巡後、ちょっと逡巡したA太郎から、場に二枚切れの3索を打ち取ることと相成った…。

 この辺の呼吸がかみ合う人間なんて、フリー雀荘でなかなか居るものではない。奴の考えではこうだろう。
[赤5索は手元に1枚あるから、もう5索は持っていないはず。3索も二枚見えてるからシャンポン受けもない。やっぱり捨て牌の通り、筒子の混一色だ!索子は全部通る!!]
と・・・心の声が聞こえてきそうだった。倒牌された手を見てこう呟いたのが印象的だった。

A「…参りました。。。」

 いいえ、その前に参っているのは私の方です。貴方の腕を信じていたからこそ、反射的にこう打てたんだと思います。ただ、触発されただけなのですよ。 

「御無礼、ロンです。」と言ってしまった私は、心の中でこう呟き、ちょっと自責の念に駈られてしまいましたとさ。



←宮田vs一歩戦は実現しないに10000ペリカ!!
←今回の試合で宮田は引退だ!に20000ペリカ!!



    


スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。