スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツモり直し

 昨日は本屋にぶらっと寄ってみた。お目当ては「近代麻雀」。実際の麻雀に何か役に立つとは思い難いが、牌姿を多く記憶させるにはちょうど良い媒体。実戦でお目にかかれる牌姿、記憶に残る牌姿ってのはやはり少ないものである。ということは、少なからず役には立っているのだろう。
 書店でお目当ての雑誌を手に取り、他の本を何気なしに見ていた。

「キャー!!!キャー!!!」「お母さ~ん!!」
 子供の金切り声が広い店内に響く。一瞬不快な思いになったのは私だけではないだろう。
「お母さ~ん!!」「お母さ~ん!!」
 迷子なのかな?と思って声のほうをチラッと見てみた。3歳くらいの男の子がヨタヨタと歩いていた。
 最初、母親らしき女性は近くに居るように思えなかったが、その子供はいきなり近くの女性のスカートの裾をつかんだ。どうやら母親と子供は戦争状態にあるようだ。
 私は思うのだが、お出かけ時・外で子供が近くの親に対して大声で泣き喚いたりする行為は、単なるアピールに過ぎないと思っている。本当に泣いてたりしない。その前に家の中でそんなに大きな声で叫んだりしないはずで、単に自分の親に構ってもらいたいだけなのだ。
 ふと、自分の大昔の、子供(多分3~5歳くらいの頃?)の頃の記憶がフラッシュバックした。何故か脳の片隅にあった、同じように本屋で泣き喚いて、邪魔にならないように通路の端っこで喚き疲れて寝てしまった、本当に大昔の記憶。
 気付けば親子はいつの間にか仲直りしていた。子供は甘えた笑顔で、まだ若いお母さんと手をつないで歩いていた。なんだか微笑ましい。最初の不快感が嘘のよう。

 ああ、やっぱりそうだ。子供は構ってもらいたいだけなんだ。

 子供…だけなのかな…。大人になれば大丈夫なのかな…


 その日もいつもの雀荘に足を運んでいた。ヤクザ風の男と昼一から来るいつものお爺と卓を囲んでいると、こんな一向聴になった。
 東1局 親 4巡目 配給原点 花0枚
 ドラ 發
三筒四筒四筒五筒赤二索三索四索七索八索八索九索中中

 万全の体勢。おそらくすぐ聴牌するだろうし、アガれもするだろう。次の巡目ですぐに聴牌する。
三筒四筒四筒五筒赤二索三索四索七索八索八索九索中中 ツモ中

 「アレレ?」と思いながらも打4筒。すると次巡すぐにツモ8索と来た。
三筒四筒五筒赤二索三索四索七索八索八索九索中中中 ツモ八索
 ツモ・中・赤1。親で2000オール。(三人打ちハウスルール。符計算はない。本来は2600オール。またこれもハウスルールで、ツモった場合の収入は4000点しかない。一人分損する。)
 別にこのままアガっても良いと思う。否定はしない。ただ私は、捨牌上段(6巡以内)でこんなケースならアガることはない。9索切って「立直」といった。
 東1局 親 6巡目 配給原点 花0枚
 ドラ 發
三筒四筒五筒赤二索三索四索七索八索八索八索中中中

 まずは花を1枚引いて、王牌から一発で7索を引き上がり、裏ドラ4索。立直・一発・ツモ・中・赤・裏ドラ・花1で、倍満に一本届かずの6000オール。チップ2枚オール(赤は各2枚あるが、祝儀の対象にならない)。

これは単なる好例かもしれない。別に真似しなくても良いが、一度くらいしてみるのも良いですよ。結構病み付きになります。

 今までの成功例をちょっと挙げてみよう。
<例1>
二筒三筒三筒四筒四筒五筒四索四索五索六索七索八索九索 ツモ四索
 <例2>
三筒四筒五筒六筒六筒七筒八筒九筒七索七索中中中 ツモ六筒
 <例3>
一索一索一索二索三索四索五索六索七索八索九索白白 ツモ四索
 <例4>
二筒二筒二筒四筒五筒六筒六筒六筒八索八索九索九索九索 ツモ八索

 別に説明は要らないと思う。<例1>と他の<例>では考え方が若干異なるが「点棒をより多く。チップをより多く。」という点では同じ。出たらアガって良い。私なら出ても捨牌上段はアガらないだろうが、それは好き々だ。
 ただ大事なのは、最初に決めておくこと。「出たらアガる」「コレを引いたら振聴立直」とか。巡目の進行度や状況に応じて、対応・変化させねばならない。


 話を元に戻すが、この日の振聴立直一発ツモに二人の同卓者は気付かない。皆さん自分の牌姿に目一杯で、言われたまま点棒を払ってくれる。もしかしたら「倍満のチップ2枚オール!!」と言っても、気付かないかもしれない。
 「ああ、今日の面子もぬるま湯…。」と心の中で呟く。長丁場でやれば恐らく勝つ。そもそもフリー客で打てる奴なんてほとんど居ない。
 「振聴一発ツモは痛すぎ!」とか「2000オールで勘弁しといてくれ~」とか、本当は言って欲しいだけどな…


 「嗚呼、そうか。私も本当は構って欲しいだけなんだな…」と、気付いてしまった。

 未だ慣れ親しまぬ街。未だ慣れ親しまぬ店。
 戻れぬ過去。戻れぬ自分の家。ツモり直しはもう出来ないんだ。
 今回19,000Gの勝利でも、一人ぼっちのカタルシス。。。


 一人の夜はまだまだ続きそうだ。
スポンサーサイト

theme : 麻雀
genre : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。