スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の1%

「あなたは将棋の何%を理解していると思いますか?」(by「ハチワンダイバー」菅田)
「将棋を100%理解できたらどうなると思う?それはもう人じゃない。神の隣に座れる。」(「同」文字山)
 久し振りに読んでちょっとグッと来ました。記事の更新というものが多少なりとも頭になければ、もしかしたら素通りしていたかもしれない。こんな気付きがあったということだけでも、今のようにブログを書いている時間にも意味があると思えるのは、自分の中でのちょっとした驕りなのかもしれない。

 もちろん上の言葉に『麻雀』をあてはめた時のことを考えてみた。この菅田の問いかけに文字山は「恐らく5%ほど・・・」という回答をしている。では私くらいの若輩者が、麻雀でこのことを考えたとき「恐らく1%くらいのものなんだろう。」と結論付けることにした。
「私にとって麻雀の世界の99%は未知の世界。」ちょっとルールを知っているくらいのもんなんでしょう。
 今後十年二十年と経過すれば、麻雀も少しずつ進化し、プロがプロたる成績が残せるような、強いものが常勝できるような、そういう戦術論が確立されていくのかな?もしそうなったら、博打として成立し辛くはなるが・・・。


二索南六筒五筒赤北北横 手出し立直!!
オーラス、親の立直。私は8万点弱持ちの余裕のトップ目で子方。1発目、2発目は避けて通り、自分の手牌はこうなった。
五筒赤六筒九筒九筒九筒三索五索赤六索七索八索中中中 ツモ九索
 はてさて困ったものだ。現物は5・6筒のみ。下家の子方(メンバーM君)は、いくばくかの持ち点しかなく、多少押してきているようにも思えるが多分まだだろう。聴牌してたら立直しないことに意味がない。聴牌宣言さえしてくれたら、親の現物で抜き打ちでも何でもしてやれるし、もし親がツモってもメンバーM君のトビで終了、まあどう転んでも痛くない。
 ここで親の捨て牌について一考してみた。ハチワン風に言えば、雀卓に「ダイブ!!!」の状況。
親の手にもう筒子はない。赤が二枚しかないのだから、あっても123筒くらいのもの。もしかしたら1・4筒待ちはあるかもしれないが、本線は索子。北の2丁落としは本来タンピンか、今回であれば面子過多で他の役牌とシャンポン?も考えられる。メンバーM君が白を立直後に通してくれてはいる。色々とダイブってはみたが、本命は索子の清一色か混一色だ!!2索を一巡目に切ってはいるが恐らく間違いない。では索子を切らずに聴牌させる方法と、子方のメンバーM君が聴牌したときに、5・6筒を抜き打ちできるように今は温存もでき、やもすれば前進の一打!選択肢は9筒しかない!!冴え渡る俺の判断力!!!
 コレだ!エイ!(*・_・)ノ⌒**_■
「ロン!」
私「・・・!!!(まさか・・・∑(´・ω・|||))」
パタン♪一索九索一筒一萬九萬東南西北白白發中

アタるんなら、もうコレしか無いよね。単騎待ちも無いわけだし・・・。
M「俺、聴牌だよ~!5・8筒とか持ってないの~?」
「・・・持ってない。」
 「ダイブ!!!」失敗の巻・・・

私は「麻雀の1%も理解していない!」とつくづく思い知りました。


←芸術的立直に乾杯(完敗)!!て方はポチ



楽天市場
 スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
 ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
 和心スイーツ専門店 創業明治23年





theme : 麻雀
genre : ギャンブル

初めまして

 初めまして。素浪人です。
私は、とある地方の麻雀打ち。三人打ちフリーが主な居場所である。
と言うのも、自分の家はここから車で5時間以上もかかる。ここら辺に来てもう2~3ヶ月経過するが、特に居場所もない。だからと言って地元に帰れるわけでもない。でも何故か、自宅の賃貸契約はそのままだ。。
 麻雀を打ってない時は、寝てるか街中をフラフラしてるか。眠たくなれば車で寝るか、ネットカフェかサウナで惰眠を貪る。洗濯物が溜まればコインランドリーにも行く。

 正直、どうしようもない生活を送っていると、自分でも思う。

 ここに至るまでに紆余曲折があったわけだが、過去を振り返っても仕方ないし、今更どうにもならないこともある。
後悔していないと言えば嘘になるだろう。その前に、全てを諦めるにはまだまだ若すぎる。投げ出す前にやらないといけないこともある訳で…
 今じゃ目標も出来た!!お金にもさほど困っているわけでもない。前向きに考えることで、色々と先が開けてきた!!何とかなる、否、何とかする気がわいてきた!!
「頑張ろう!」「頑張ろう!」


 今夜はあまり眠れなかった。そう言えば昨日もあまり眠れなかった気がする


 昨日は行きつけの雀荘に朝から赴いた。その前日からの宵越し客も居らず、メンバーは手持ち無沙汰でブラブラしている。眠そうな顔をしていたが、最初 無駄話をし、お客も来そうにないのでメンバー2入りで始めることにした。


東2局0本場 六巡目くらい 西家 持ち点 配原  花牌1枚
ドラ三筒
二筒二筒二筒三筒四筒四筒六筒六筒五索赤六索八索八索八索  ツモ六索

南2局0本場 七巡目くらい 西家 持ち点13000点  花牌1枚
ドラ五索
一筒一筒一筒一筒三筒二索二索三索三索四索五索七索八索  ツモ九索


 何だかな~て感じ。どれもこれも正着打なんてあってないようなもんだね。ちなみに私のこの日の判断は、上は四暗刻があるとは言え6索ツモ切り。下は聴牌取らずの1筒の1枚外し。やもすれば、日によっては違う牌を切ってしまうかもしれない。
気の合うメンバー2入りの緩みか、「何か性格判断が出来そうな牌姿だな~。」と呟いてしまった。
 そうこうする内にいつものオジイと、パチンコで良い台が取れなかったのか、夜しか来ないギャンブラー気取りの若者が現れた。


正直この日は不調だった。大体7割くらいの勝率で今まで来ているのだが、この日は迷う手が多い。立直や鳴きのない局面であれば、ほとんどの場合ノンストップで捨て牌動作が出来るのに、どうも所々で手が止まってしまう。カン材が有るのにカン出来ない手牌や、立直好きの私が素直にそう出来ない局面。。。
 正着が分からない。判断が鈍い。(ちなみに上の手牌で9巡目くらいに4筒のポン聴を入れてしまう始末…)

この日はマイナス11,000Gで予定よりも早く、逃げるように退店することした。



 思えばいつも逃げてきた気がする。この日の麻雀の調子と今までの人生の経過を比べるのは違う気もするが、帰りの車の中でつまらないことを考えてしまった。
 もう後戻りは出来ないし、する気もない。前向きに行こう、前向きに。


いつかゆっくり寝れる日を取り戻そう。


theme : 麻雀
genre : ギャンブル

株式会社 藤商事
ブログ内検索
WEB検索
カスタム検索
天和いまだ未経験
地和は一回ある
楽天市場
⇒スイーツ・カニ海鮮
和日茶日和(wabisabiyori)
⇒ココロとカラダに優しい野菜スイーツ&フード
玉華堂(ギョッカドウ)
⇒和心スイーツ専門店 創業明治23年
ポタジエ
⇒人気パティシエ柿沢安耶のクリスマスケーキ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。